葬祭料・葬祭給付

1 葬祭給付とは

業務中の事故や通勤途中の事故などにより労働者が亡くなってしまった場合に、ご遺族などが葬儀を行ったときは、労災保険から葬祭料・葬祭給付が支給されることとなっています。

2 葬祭料・葬祭給付の支給額

葬祭料・葬祭給付で支給される金額は葬儀費用として支出した費用(実費)ではなく、労災保険で決められた計算方法で算出された額となります。具体的には、次の計算式で算定された金額のうち、いずれか高い方が支給されます。

  • ①給付基礎日額×30日分+315,000円
  • ②給付基礎日額×60日分

3 葬祭料・葬祭給付の給付は誰が受けるのか

葬祭料・葬祭給付を受けるのは遺族に限定されておらず、原則として葬儀を執行した人に対して支給されることとなっています。したがって、遺族が葬儀を行わず、会社などが葬儀を執り行った場合は、会社に対して支給されることになります。