介護補償給付

1 介護給付とは

介護(補償)給付とは障害(補償)年金または傷病(補償)年金を受給している方の中で、障害・傷病等級が第1級の方と第2級の方のうち「精神神経・胸腹部臓器の障害」で認定を受けている方を対象として、その方々が実際に介護を受けている場合に、支給されるものです。

2 介護給付の種類

介護給付には常時介護と、随時介護の2種類があります。

(1)常時介護を要すると認められる場合
   以下の条件に該当する方が認定されます。    

  • ①精神神経・胸腹部上記に障害を残し、常時介護を要する状態に該当すること
        (障害等級第1級3・4号、傷病等級第1級1・2号)
  •    
  • ②両眼が失明するとともに、障害または傷病等級第1級・第2級の障害を有する、両上肢及び両下肢が亡失または用廃の状態にある、など①と同等の介護を要する状態であること

(2)随時介護を要すると認められる場合
   以下の条件に該当する方が認定されます。    

  • ①精神神経・胸腹部臓器に障害を残し、随時介護を要する状態に該当すること
        (障害等級第2級2号の2、2号の3、傷病等級第2級1・2号)
  •    
  • ②障害等級第1級または傷病等級第1級に該当し、常時介護を要する状態ではないこと
     つまり、傷病・障害の程度が相当重く、介護が必要だと判断される程度でなければ、支給の対象とはならないということになります。加えて、いずれも場合も上述のように実際に介護を受けていることが必要となります。

3 介護給付の支給額

介護給付の支給額は、受けている介護の方法により異なります。

 

(1)常時介護の場合

  • ①親族または友人・知人の介護を受けていない場合(民間の有料サービスを受けている場合)は、介護の費用として支出した額(105,130円を上限)
  •    
  • ②親族または友人・知人の介護を受けており、介護の費用を支出していない場合、または介護の費用を支出しておりその額が57,110円を下回る場合は、一律金額として57,110円
  •    
  • ③親族または友人・知人の介護を受けており、介護の費用を支出しておりその額が57110円を上回る場合は介護の費用として支出した額(105,130円)

  

(2)随時介護の場合     

  • ①親族又は友人・知人の介護を受けていない場合(民間の有料介護サービスを受けている場合)は、介護費用として支出した額(52,570円を上限)
  •     
  • ②親族または友人・知人の介護を受けており、介護の費用を支出していない場合、または介護の費用を支出しておりその額が28,560円を下回る場合は、一律定額として28,560円
  •     
  • ③親族または友人・知人の介護を受けており、介護の費用を支出しておりその額が28,560円を上回る場合は介護の費用として支出した額(52,570円を上限)