傷病(補償)年金

1 傷病(補償)年金とは

労働者が業務上の事故又は通勤中の事故により怪我を負い、療養を開始してから一定期間が経過しても治癒しない場合に支給される年金のことをいいます。

2 支給の対象となるのは

支給の対象となるのは、療養開始から1年6ヶ月が経過しても治癒に至っておらず、かつ傷病等級の第1級から3級に該当するとされた者です。

3 支給額はどの程度か

給付基礎日数額の313日から245日分の年金が支給されます。給付基礎日数額は原則として災害が発生した日以前3ヶ月間に、被災した労働者に支払われていた賃金の総額を、その期間の総日数で割った額をいいます。