障害給付

1 障害給付とは

労働者が業務上または通勤途中で怪我をして、傷病が治ったとき身体に一定の障害が残った場合に、支給される給付のことをいいます。

2 治ったときとは

この場合の「治った」、とは完治や元通りの状態に戻ったことを意味する訳ではなく、症状が固定(これ以上治療を続けても症状に変化が期待できない状態のことをいいます)したことを指します。
 たとえば、労働災害で手の指を失ったとします。この場合、将来的に新たに指が生えることはありませんので、一定期間治療を受け、切断面がきれいになり、痛みなどの症状が落ち着いた段階で症状固定となります。
 したがって、障害給付を受給するためには、医師などにより、症状固定が認定されていることが必要です。

3 支給される額は

障害給付は、障害が残ったことでその後の仕事に支障がでた場合に、その労働の能力の喪失を補填する意味合いで給付されるものです。そこで、障害給付の支給額は、障害等級に応じて変動します。すなわち、障害の重さは第1級から第14級(第1級が最も重い障害)までに振り分けられており、その障害等級に応じて支給額が定められています。

4 支給の方法は「年金」と「一時金」の2種類

障害(補償)給付金の支給方法は2種類あり、後遺障害等級第1級から第7級のような重い障害の場合には「年金」で支給がなされ、第8級から第14級までの障害については「一時金」の形で支払われます。「一時金」は、一度支給がされて終了となります。