休業(補償)給付

1 休業(補償)給付とは

休業(補償)給付とは、業務上の事故または通勤途中の事故により怪我や病気を煩った労働者が、仕事を休まざるを得なくなった場合に、休業した期間に応じて、賃金のうち一定割合の金銭を支給する制度です。

2 休業(補償)給付が支給されるのはいつからか?

労働者が業務上の事由又は通勤による傷病のために休業し、賃金を受けない日の第4日目以降から支給がされます。
もっとも、労働者が被害に遭った労災が業務災害の場合、休業初日から3日間は事業主が労働基準法の規定に基づく休業補償を行わなければならないとされています。
 休業給付の支給を受けるためには、労働基準監督署に対して、申請を行う必要があります。

3休業(補償)給付が支給される割合は?

休業1日について、給付基礎日額の60%が休業給付として支給されます。また、このほかに、給付日額の20%が特別支給給付として支給されます。給付基礎日額は、原則として災害が発生した日以前3ヶ月間に、被災した労働者に支払われた賃金の総額を、その期間の総日数でわった割った額です。