療養(補償)給付

1 療養(補償)給付とは

労働者が業務上または通勤途中において傷病による療養を必要とする場合に行われ、現物給付としての「療養の給付」と現金給付としての「療養の費用の支給」の2種類があります。

2 「療養の給付」とは

「療養の給付」は、労災病院や労災指定病院等にかかれば、原則として傷病が治癒するまで、無料で療養を受けられるという制度です。したがって、労災の被害者は治療費の支出をしないで済みます。原則は、現物給付であるこちらの給付が適用されます。

3 「療養の費用の支給」とは

「療養の費用の給付」とは、労災病院や労災指定病院以外の病院で地用を受けた場合等に、その費用を支給する制度です。しかし、こちらの制度を利用する場合、費用相当額の支給が後日なされるにとどまり、病院への治療費は一度労災被害者が病院に支払う必要があります。また、治療の際に国民健康保険が使用できない点でも注意が必要です。

4 支給の対象となる費用は?

治療費、入院の費用、看護費、移送費等の通常療養に必要な費用はすべて含まれます。
 ただし、一般に治療効果の認められていない特殊な治療や傷病の程度から必要がないと認められる付添看護師を雇った場合、これらは費用支給の対象外となります。