労災保険の種類

1 はじめに

労災保険といっても、保険の内容には様々なものがあり、それぞれ受給申請ができる理由や期間、金額が異なります。そこで、以下では労災保険の種類について触れ、個別のページで詳細な解説をしたいと思います。

2 療養補償給付

仕事中や通勤中に業務上の理由から怪我を負った、または病気になったという場合に、受けられる給付です。労災指定病院からの治療の給付という形と、それ以外の病院での治療費用の支給があります。
 詳しくはこちらを参照してください。

3 休業補償給付

休業補償は、労働災害による負傷で休業せざるを得なかった期間について、賃金の一定範囲について補償するものです。
詳しくはこちらを参照してください。

4 傷病補償給付

仕事や通勤中に負った怪我が療養してから1年6ヶ月を経過しても治癒しなかった場合に受けられる給付です。こちらの給付を受けると休業給付は支給されなくなりますが、療養給付は引き続き支給されます。
  詳しくはこちらを参照してください。

5 介護補償給付

仕事中や通勤中に負った怪我や病気が原因で一定の障害を負い、介護が必要となった場合、介護費用について受けられる給付です。
  詳しくはこちらを参照してください。

6 遺族補償給付

仕事や通勤中に亡くなってしまった場合、亡くなった労働者の遺族に支給される給付です。ここでいう遺族とは、亡くなった労働者と正規を同じにしていた人を指します。
  詳しくはこちらを参照してください。

7 葬祭料

仕事や通勤中になくなった労働者の葬祭を執り行った場合に、支給される給付です。
  支給されるのは通常遺族に対してですが、会社が葬祭を執り行った場合にはその会社に葬祭料が支給されます。
  詳しくはこちらを参照してください。

8 障害給付

仕事中や通勤中に負った怪我が治った後に、身体に一定の障害が残った場合に支給される給付です。
  支給される金額は、労働基準監督署の認定する後遺障害等級により異なります。
  詳しくはこちらを参照してください。

9 二次健康診断等給付

仕事中や通勤中に怪我を負った場合に、その後の提起健康診断等の結果脳や心臓疾患に関連する一定の項目について以上が発見されたとき、二次健康診断を行ってもらうことができます。また二次健康診断の結果に基づいて医師又は保健師の保健指導を受けることもできます。
  詳しくはこちらを参照してください。