こんなときどうする?

1 事故遭遇時

・会社から帰宅中、寄り道をした後に事故に遭ってしまった場合

  • 会社から帰路で事故に遭った場合、一定の要件を満たしていれば、労働災害の一種である通勤災害と認められ、補償を受けることができます。
     ただし、帰宅途中で寄り道をしてしまった場合、特定の場所(病院等)を除いて、帰宅途中であるとは認められなくなります。つまり、寄り道をしてしまうと原則として事故に遭遇しても補償は受けられなくなります。
     詳しくはこちらを参照してください。

・第三者の行為によって、労働災害が発生した場合

  • 第三者の介在によって労働災害が発生した場合(たとえば、職場で仕事中に第三者の運転する自動車が職場に突っ込んできたために怪我をしたような場合など)、第三者行為災害といわれる類型の労働災害になります。この類型の労働災害の場合、事故の原因となった第三者と、労災補償のいずれからも、補償を受けることが可能となります。
    ただし、労災補償は第三者から補償を受けることができなかった部分について補償を行うこととなり、第三者と政府から、損害補償の二重取りはできないこととなっています。

2 事故後の対応

・労働災害に遭ってしまったものの何をどうすればよいのかわからない場合

・労働災害に遭ったものの、どこの病院で治療すべきかわからない場合

  • 労働災害に遭遇してしまった場合に、治療を行う病院の選択肢としては、労災指定病院と、それ以外の病院があります。どちらを利用するかによって、労働者への負担が大きく異なるため、病院を利用する際はどちらの病院かを調べてから治療を受けるべきです。
     特に、未指定の病院については、労働者が一時的に多額の出費を課せられることとなるので、注意が必要です。
     詳しくはこちらを参照してください。

・会社が労災補償の申請に非協力的な場合

  • 会社の中には、世間的なイメージが損なわれるのを嫌い、労働者の労災保険の申請について、労働災害の証明をしないケースがあります。労災保険の申請には企業による労災の証明が必要となることから、企業側にこのような対応をとられてしまうと、労働者は労災保険の申請ができません。
     そこで、このような場合、企業側との交渉が重要になります。
     詳しくはこちらを参照してください。

3 労災補償の申請後

・障害補償の申請をしたら、障害等級が自分の想定よりも低かった場合

  • 障害補償の申請をする際、障害の程度に応じて、後遺障害等級(1級~14級)が認定されることとなります。しかし、この認定は原則として書面審査になるため、事前準備が十分でないと、想定よりも低い後遺障害等級の認定がなされる可能性があります。
     このような場合、労働者は再審査請求か行政訴訟を提起することで、自身の後遺障害等級の認定を争うことが考えられます。
     詳しくはこちらを参照してください。