労働災害を弁護士に相談・依頼すべき3つの理由その3

~労働審判や訴訟手続が出来る~

1 労働審判

労働審判は、全体として審理の回数が少なく、また第一回労働審判期日までの日数がとても短いため、それまでに迅速に主張をまとめる必要があります。また、多くの場合、第一回労働審判期日での裁判官の印象がそのまま審判の結果へ影響するので、第一回期日における主張はとても重要なものといえます。このような時間的制約や審理の重要性を踏まえると、個人が審判手続きを進めるよりも弁護士に依頼した方が、有利な審判結果を得やすいものといえます。

また、労働審判においては、労働審判委員会からの質問が、労働者に対してなされます。 この質問に対して事前に準備してくことが重要になりますが、個人で審判手続きを進める場合には、想定される質問内容やそれに対する回答を作成することが前述の時間的制約からも困難です。弁護士に依頼することで、想定される質問に対して、的確な対策を講じることが可能となります。

2 訴訟

さらに、労働審判を実施した場合であっても、後に会社に対して訴訟を提起する必要が生じる場合があります。また、労働審判ではなき、いきなり訴訟提起をすることもあります。そして、交渉や労働審判の結果は、後の訴訟の結果に大きく影響を与えます。そのため、交渉や労働審判の段階から、訴訟を見越して戦略を立てることが重要といえます。弁護士に依頼することで、あらかじめのちの訴訟を見越した戦略を立てることが可能となります。