労働災害を弁護士に相談・依頼すべき3つの理由

労働災害に遭ってしまった場合、必ずしも弁護士を代理人としなくとも、各種手続き(労災保険申請や労働審判等)を個人で行うことができます。
弁護士に相談したり、手続を依頼したり、すれば当然報酬を支払う必要があるため、金銭的な負担が伴います。
しかし、金銭的負担を考慮しても、弁護士に依頼することで、以下の点で最終的に良い結果を得られる可能性が高まります。

1|政府補償を超える部分の賠償を求めることができる

詳しくは、こちらをご覧ください。

2|会社との対等な立場での交渉が可能となる

詳しくは、こちらをご覧ください。

3|労働審判や訴訟手続が出来る

詳しくは、こちらをご覧ください。