労働事故問題解決の流れ

1 はじめに

労働災害に遭われた場合、混乱してどのような手続きをとるべきかわからなくなる方も多いかと思います。また、会社に言われるがまま、手続きを進めてしまう場合もあるでしょう。
 そこでここでは労働災害に遭われた場合にどのように解決を図っていくべきか、一般的な流れを解説したいと思います。

2 場合に応じた労働災害発生から解決までの流れ

(1)労働者が労働災害により怪我や病気にかかり、後遺障害が遺った場合
労働事故問題解決の流れ

労働者が、労働災害により怪我や病気にかかった場合、療養給付や休業給付の申請をすることになりますが、さらに、後遺障害が遺ってしまった場合、別途障害給付を申請することとなります。

障害給付では、申請と同時に後遺障害等級の認定を受け、ご自身に遺った障害の重さを第何級という形で判断されます。

この級数に応じて支給される金額が大きく変わるので、申請をする労働者は、ご自身の症状の重さに対応した認定を受けられるように、十分に書面を準備して提出する必要があります。仮に、書類を十分に整えないで申請をした場合、実際の後遺障害よりも軽い認定がなされ、給付される金額も不十分なものとなってしまうおそれがあるため注意が必要です。

申請者が想定していた障害等級よりも低い認定がなされた場合、申請者は、再審査請求を行うことで認定を争うことができます。しかしながら、現実問題として、一度認定された等級が変更される割合は高いものではなく、最初の申請が重要であるといえます。

これに対して、労働者に障害が遺らなかった場合であっても、療養給付等を支給されただけでは損害の補填には届かないことがほとんどです。そこで、労働者としては、自己の怪我や病気が会社の落ち度によるものであるといえる場合には、会社に対して損害賠償の交渉及び訴訟の提起をすることとなります。

(2)労働者が労働災害により死亡した場合
労働事故問題解決の流れ

労働災害により労働者が死亡してしまった場合、その遺族は、遺族補償年金等の申請をすることとなります。しかしながら、当該年金だけでは支給金額として十分なものとはいえません。

そこで、遺族としては、労働者を雇用していた会社との間で損害賠償の交渉を行い、示談が成立しなかった場合には、会社を訴えることで損害の補填を行うという流れになります。