労働災害認定と不服申立て制度

労災保険審査請求制度の流れ

労災保険給付に関する決定(処分)に不服がある場合には、その決定を行った労働基準監督署を管轄する都道府県労働局の労働災害補償保険審査官に対し、審査請求(不服申立て)を行う事ができます。
また、審査請求が棄却された場合には、再審査請求を行う事も認められています。
本来、保険金給付の申請に対して不許可処分がなされた場合、この処分は行政処分に該当するため、処分の取消訴訟を裁判所に提起することが問題の解決に直結します。
しかしながら、労災保険の申請に関する不服申立てについては、取消訴訟を提起する前に審査請求をしなければならないとの定めがあり(審査請求前置主義)、最初から取消訴訟によることはできないのです。そこで、保険金給付の処分について争うためには、まず審査請求をすることとなります。
もっとも、この審査請求には、期間制限があるため、注意が必要です。
以下では審査請求手続の流れについて、解説させていただきます。

労災保険関係の審査制度の仕組み

労災保険関係の給付を求める場合、まず労働基準監督署長に対し、保険金給付の申請をすることになります。これに対して労働基準監督署長は、(申請者に対して給付を認めるか否か、認めるとしていくら給付をするか)一定の処分を行います。
この処分の内容が不服の場合、申請者は、処分の行われた日から3か月以内に、労働者災害補償保険審査官に対して審査請求を行う事になります。
この審査請求に対しては、「決定」がなされ、ここで労働基準監督署長の処分が妥当ではないと判断されれば、申請者はその決定により救済されることとなります。
これに対して、「決定」において処分が妥当と判断された場合には、申請者は、決定から2か月以内に再審査請求を労働保険審査会に対して行うか、処分の取消訴訟を裁判所に対して提起することとなります。しかし、審査請求で処分が覆る可能性は低く、再審査請求で覆る可能性はより低いのが通常です。そこで、審査請求は必要的ですが、再審査請求を行う事は、時間的な観点からもあまりお勧めできません。
労働災害認定と不服申立て制度 *1 処分の日から3か月以内に請求する必要があります。
*2 審査請求に対する決定の日から、2か月以内に請求する必要があります。
*3 審査請求に対する決定後6か月以内または審査請求をしても3か月を経過して未だ決定がなされない場合には提起が可能
*4 再審査請求に腿知る労働保険審査会の裁決がなされる前であっても、取消訴訟の提起は可能。裁決がなされた場合には、その日から6か月以内に訴訟を提起する必要がある。

まとめ

以上のように、労災保険の給付について不服申立てをするには、適切な手続の手順に従う必要があり、また争える期間制限もそれぞれ定められています。これらの期間制限がある中で、個人で主張をまとめるのは困難といえ、結果として十分な不服申立てを行うことができない可能性があります。そこで、労災給付の決定を争う際には、専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。