労働災害を弁護士に相談・依頼すべき3つの理由
  • 労働災害を弁護士に相談するメリット1
  • 労働災害を弁護士に相談するメリット2
  • 労働災害を弁護士に相談するメリット3月

ご挨拶

当事務所のHPをご覧いただきありがとうございます。

本HPをご覧になられている方の中には、実際に労災に遭われ、今どうすればよいのかわからず、あるいは将来の見通しがつかず不安になっている方もいるかと思います。

労災が発生した場合、速やかに労災保険の請求をする必要がありますが、私は、労災に遭われた方自身は治療に専念し、手続きを専門家に依頼すべきであると思います。

労災保険の申請に企業が非協力的な場合、労災保険の請求について労働基準監督署への働きかけが必要になる場合、さらには会社への損害賠償請求をする場合、いずれも専門家による早急な対応が必要となります。このような場合にご自身で手続きを進めようとすれば、スムーズな解決は望めず、却って心労的に相当な負担となることが予想されるためです。

一人でも多くの労災被害者を救いたい、私どもはそのような想いでこのHPを立ち上げました。

初回相談は30分無料となりますので、どうか、お気軽にご利用ください。


 
部位別の後遺障害認定基準 耳 胸腹部臓器 体幹 下肢及び足 上肢 口 鼻 眼 鼻 耳 口 上肢 胸腹部臓器 体幹 下肢及び足 神経系統 眼 醜状障害